理事・監事・顧問アドバイザー


顧問・アドバイザー

坂本 光司 氏 名 坂本 光司 [さかもと こうじ]
所 属 法政大学静岡キャンパスキャンパス長・大学院政策創造研究科教授・大学院イノベーション・マネジメント研究科教授、特定非営利活動法人SOHO・アット・しずおか理事長、特定非営利活動法人オールしずおかベストコミュニティ理事長、特定非営利活動法人ストリートデザイン研究機構名誉理事、株式会社アタックス顧問
経 歴 法政大学経営学部講師、静岡県立大学経営情報学部講師、浜松大学経営情報学部教授・大学院経営学研究科教授、福井県立大学地域経済研究所教授、静岡文化芸術大学文化政策学部教授・大学院文化政策研究科教授、法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授、静岡県立大学経営情報学部客員教授などを歴任
著書
講演実績
『円高、国際化と地域産業』静岡新聞社、1987年。『ゼミナール地域経済論――地域経済分析と地域活性化戦略』静岡新聞社、1991年。『図説地域経済論――地域経済と地域の再生』静岡新聞社、1993年。『超円高と静岡県の産業・経済――21世紀の静岡県を創る70の視点』黒船出版、1995年。『ゼミナール中小企業経営論――課題・目標・実践』同友館、1995年。坂本光司著『地域づくりの経済学――魅力的就業・生活空間形成の視点』ぎょうせい、1996年。『新・ゼミナール中小企業経営論――課題・目標・実践』同友館、1998年。『この会社はなぜ快進撃が続くのか――10年以上高い成長を実現している22社の特徴』かんき出版、2004年。『大切な人に伝えたい私の心に響いたサービス――リピーターを呼ぶ感動サービス〈2〉』同友館、2007年。『選ばれる大企業、捨てられる大企業――中小企業とのwin winの関係を構築せよ』同友館、2007年。『日本でいちばん大切にしたい会社』あさ出版、2008年。『なぜこの会社はモチベーションが高いのか』商業界、2009年。『日本でいちばん大切にしたい会社2』あさ出版、2010年。『ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社』ダイヤモンド社、2010年。『経営者の手帳 働く・生きるモノサシを変える100の言葉』あさ出版、2010年。坂本光司著『日本でいちばん大切にしたい会社3』あさ出版、2011年。坂本光司著『強く生きたいと願う君へ』WAVE出版、2012年。
宮沢 功 氏 名 宮沢 功 [みやざわ いさお] 環境デザイナー
所 属 社団法人日本サインデザイン協会常任理事
日本サイン学会会員
NPO法人日本デザイン協会副理事長
都市環境デザイン会議会員
経 歴 1941(昭和16)年 東京に生まれる
1959(昭和34)年 株式会社GKインダストリアルデザイン研究所入所
1982(昭和57)年 株式会社GK設計へ移籍 取締役
2001(平成13)年 取締役社長
2006(平成18)年 取締役相談役
2009(平成21)年 株式会社GK設計退職
2009(平成21)年 ヨシモトポール株式会社 顧問
主な設計 日本万国博覧会EXPO’70 ストリートファニチュア計画・設計
筑波研究学園 都市サイン、都市ゲート計画・設計
大阪市 歩行者用サイン計画・設計
横浜博覧会サイン・ファニチュア等環境計画・設計
ハウステンボス サイン環境計画・設計
東京都西新宿地区 サイン・環境計画
多摩都市モノレール トータルデザイン
横浜動物園ズーラシア サイン・環境計画
さいたま新都心 サイン・設計
富山港線トータルデザイン
富山市内環状線トータルデザイン
賞罰 2004年 SDA優秀賞 横浜市中心街サイン
2006年 グッドデザイン金賞 富山ライトレールトータルデザイン
2008年 SDA大賞、経済産業大臣賞 富山ライトレールトータルデザイン
2009年 土木学会デザイン賞最優秀賞 富山ライトレールトータルデザイン
著書 「高度都市開発先端技術集成」(共著)サイエンス・フォーム
「街のサイン計画」鹿島出版会
「都市デザインと空間演出」(共著)学陽書房
「パブリックデザイン辞典」(共著)産業調査会 他
平林 千春 [ひらばやし ちはる] 氏 名 平林 千春 [ひらばやし ちはる] 環境デザイナー
所 属 東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科教授
東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科仙台スクール教授
コミュニケーションシステム研究所代表取締役所長
○日本マーケティング学会会員
○日本創造学会会員
○広告学会会員
○五感コミュニケーション研究会トータルコーディネーター
○ソーシャル・マーケティング推進協議会副代表
○日本ビジネス作家協会理事長
○販売促進研究所最高顧問 他
経 歴 1947年長野県諏訪市生まれ。法政大学社会学部中退。
雑誌編集長、フリージャーナリストを経て、 1978年(株)コミュニケーションシステム研究所を設立。代表取締役所長に就任.現在に至る。
1980年頃より、プランナー&マーケターとして数々の企業コミュニケーション、商品開発、新事業開発、ブランド・マネジメント、地域開発などのプロジェクトに関わる。
また、マーケティング研究者としてヒット商品研究、ロングセラー研究、ブランド研究などに携わり、数々の著作で発表。
2005年4月より東北芸術工科大学(デザイン工学部)教授に就任。現在デザイン工学部企画構想学科教授兼大学院芸術工学研究科仙台スクール教授。
主要著書 『365日のオンリーワンマーケティング』『コラボレーション・マーケティング』『シャープの液晶革命』『ビール戦争―成熟市場突破のマーケティング』『奇蹟のブランド「いいちこ」』(以上ダイヤモンド社)、『一人勝ちマーケットを狙え』『21世紀型ヒット商品の条件』『実践 ブランド・マネジメント戦略』『実践コンセプトメイクの技術(以上実務教育出版)、『ヒトはなぜその商品を選ぶのか』(日本実業出版社)、『花王 強さの秘密』(共著/実業之日本社)『検証Jリーグ型マーケティング』(かんき出版)『定番商品のマーケティング』(ビジネス社)『第3の消費』(プレジデント社)『新しい消費を見抜く』(PHP研究所)『ヒット商品のメカニズムを探る』(宣伝会議)『<東北>再生計画』(無明舎)などがある。
藤本(フジモト) 英子(ヒデコ) 氏 名 藤本 英子 [ふじもと ひでこ]  景観アドバイザー
経 歴 1978.4  京都市立芸術大学美術学部工芸科デザイン専攻入学
1982.3  京都市立芸術大学美術学部工芸科デザイン専攻卒業
1982.4  東京芝浦電気株式会社入社
(その後、株式会社東芝に改名)
デザイン部(その後、デザインセンターに改名)
に所属
家電製品Gにて、数々のGマーク選定賞品の
開発にかかわる。
その後、企画Gにて先行デザインの提案業務など
を担当。
コンセプトエンジニアリング開発部
(社長直属)の設立に参画、
大型開発プロジェクト事業の企画調整業務に携わる。
1989.4  デザイナーとして独立
エフ・デザイン設立
(1992~建築士事務所エフ・デザイン)
1991.4~ 京都市立芸術大学美術学部デザイン科、非常勤講師
2001.4~ 京都市立芸術大学美術学部デザイン科、
大学院美術研究科准教授
2005.3  九州産業大学大学院芸術研究科博士後期課程にて
博士(芸術)学位取得
2011.4〜 京都市立芸術大学美術学部デザイン科、
大学院美術研究科教授
現在の
委員会
など
・ 国土交通省 近畿地方整備局 事業評価監視委員会委員
・ 国土交通省 近畿地方整備局 景観アドバイザー
・ 景観審議会委員(京都府、神戸市、他)
・ 環境影響評価審議委員会委員(滋賀県、京都市)
・ 大阪府景観審議会部会委員
・ 都市計画審議会委員(西宮市、向日市)
・ (財)大阪デザインセンター評議員
・ 日本デザイン学会評議員
・ 滋賀県景観審議会委員会委員長
・ 南丹市景観制度策定委員会委員長
・ 大阪まちなみ賞審査委員
・ (財)大阪市都市工学情報センター(理事)
・ 平成の京町家コンソーシアム運営委員会委員長
・ 景観アドバイザー(吹田市、堺市、他)他
主要
著書
・「市民のための景観まちづくりガイド」学芸出版社
・「つなぐ環境デザインがわかる」(共著)朝倉書店
・「プロダクトデザイン」(共著)ワークスコープレーション
・「JUDI仕事の軌跡と展望」(共著)都市環境デザイン会議
・「環境デザインという文明」(共著)前田印刷
小笠原 泰(おがさわら やすし) 氏 名 小笠原 泰 [おがさわら やすし]  明治大学国際日本学部教授
経 歴 1957年、鎌倉生まれ。
東京大学卒、シカゴ大学大学院国際政治経済学修士、同大学院経営学修士。
マッキンゼー&カンパニーを経て、アグリメジャーである米国カーギル社ミネアポリス本社入社。
ミネアポリス本社、カーギルB.V.(オランダ)、カーギルPLC(イギリス)勤務を経て、NTTデータ経営研究所へ。
同社パートナーを経て、2009年4月より現職。
専門 社会生態学
主たる
著書
『2050 老人大国の現実』東洋経済新報社[2012年]
『日本型イノベーションのすすめ』日本経済新聞社[2009年]
『なんとなく、日本人』PHP新書[2006年]
『日本的改革の探究』日本経済新聞社[2003年]
『CNCネットワーク革命』(共著)東洋経済新報社[2002年]
等がある。
高見 公雄(たかみ きみお) 氏 名 高見 公雄 [たかみ きみお] (株)日本都市総合研究所 代表、法政大学デザイン工学部教授
経 歴 1955年横浜市生まれ。
1979年東京藝術大学美術学部建築科卒業、1981年大学院美術研究科修了、(株)日本都市総合研究所入社。
北彩都あさひかわ、鶴岡西部地区など拠点地区の整備計画から都市デザイン、国の都市関連業務に多数従事。現在同社代表。
2009年より法政大学デザイン工学部教授。
主たる
著書
日本の都市環境デザイン85-95(学芸出版社、共著)、日本の街を美しくする(学芸出版者、共著)など。
杉山朗子(すぎやま あきこ) 氏 名 杉山朗子[すぎやま あきこ](株)日本カラーデザイン研究所 所属
経 歴 神奈川県出身
早稲田大学第一文学部心理学科卒業後、株式会社日本カラーデザイン研究所入社 現在 景観事業部長
2007年より景観色彩計画セミナー開催(2012年よりまちづくり景観色彩計画セミナーへ改編)
主な業務 ■自治体及び企業からの依頼による景観色彩講座などを展開
■建築・土木、店舗、街の景観等の色彩計画及びコンサルタント東京港レインボーブリッジや明石海峡大橋の色彩検討などに参加、土木・景観の色彩研究に従事。景観計画策定のアドバイス、景観審議にも参加
■1980年~90年代アメリカ・ヨーロッパ・中国上海北京黒龍江省・韓国・東南アジア各国の色彩事情視察2000年~アメリカショッピングモール視察、中国視察・デンマーク・ドイツ・イギリス・インド建築視察など各国の色彩事情視察
他の活動 東北芸術工科大学デザイン工学部、芸術学部非常勤講師昭和女子大学 生活環境学科建築学教室特別講座講師
現在東京都、山形県、港区、大田区、調布市、所沢市、春日部市などの景観・屋外広告物関連の審議委員
埼玉県景観および技術アドバイザー、荒川区・台東区景観アドバイザー
歴任 福井県工業技術センター中小企業支援講座講師
/岐阜県工業技術センター中小企業支援講座講師
/埼玉県繊維工業試験場(当時)後に工業技術センター中小企業支援講座講師
内閣府沖縄総合事務局沖縄県中心都市圏施設整備検討委員会委員
島根県松江市景観デザイン委員・松江市堀川景観デザイン塾講師
秋田県稲川町人材育成事業デザイン講座講師
千葉県市原市デザイン講座講師
財団法人 花と緑の岐阜デザイン講座講師
財団法人 都市づくリパブリックデザインセンター/景観デザインセミナー講師
所属団体 都市環境デザイン会議、公共の色彩を考える会 日本色彩学会
主たる著書 「地域イメージを活かす 景観色彩計画」共著 学芸出版社
「色感素養」共著 ダヴィッド社
「21世紀ビジネスアイ」共著 ダイヤモンド社
その他 全国農業新聞、タウンページPR誌、カラーエイジ食品包装など幅広い分野の媒体で連載記事担当
取り組み 人の心理の視点でカラー研究に取り組み、ひとづくり、ものづくり、まちづくりというコンセプトで業際的に活動。まち・土木・公共色彩を主たるテーマとして取り組んでいる。

名誉理事

内山 隆司 氏 名 内山 隆司 [うちやま たかじ]
所 属 浜松商業高等学校卒業、
愛知大学法経学部法学科卒業(法学士)
中央大学経理研究所修了、
米国ロスアンゼルス・ユニオン大学大学院特別課程修了
(名誉経済学博士号授与)
愛知大学大学院経済学研究科 (元)非常勤講師
地域活性学会会員
法政大学大学院政策創造研究科修了(政策学修士)
法政大学大学院政策学修士 坂本光司研究室ゼミ顧問
経 歴 東海税理士会 浜松西支部
静岡県社会保険労務士会 浜松支部
静岡県行政書士会 西遠支部
社団法人 日本経営士会 南関東支部
社団法人 全日本能率連盟
TKC静岡会 浜松西支部
社団法人 日本医業経営コンサルタント協会 静岡県支部
メディカル・マネジメント・プランニング・グループ(MMPG)
社団法人 静岡県宅地建物取引業協会 浜松支部
静岡県中小企業家同友
表彰歴 藍綬褒章受章
日本経営士会会長表彰
全国社会保険労務士会会長表彰
全国都道府県議会・議長会地方自治功績表彰(在職20年以上)
野口 具秋 氏 名 野口 具秋 [のぐち ともあき]
所 属 法政大学大学院 政策創造研究科 坂本光司研究室
経 歴
著書&
講演実績
著作:
この会社はなぜモチベーションが高いのか(商業界,共著)
弱者に優しい会社の話(近代セールス社,共著)
佐藤 弘喜 氏 名 佐藤 弘喜 [さとう ひろき]
所 属 千葉工業大学 工学部 デザイン科学科 教授
経 歴 1984年 千葉大学工学部 工業意匠学科卒
1992年まで 本田技術研究所にて乗用車のデザイン開発を担当
2003年 筑波大学 原田昭研究室にて博士課程修了 博士(デザイン学)
名古屋造形大学助教授などを経て、2007年より現職日本デザイン学会理事・本部事務局長 プロダクトデザイン研究部会
日本感性工学会評議員 感性インタラクション部会 感性脳機能部会
日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)アクレディット委員会委員
著書&
講演実績
著書:「プロダクトデザイン」(共著)ワークスコーポレーション
出演:日テレの「世界一受けたい授業」
メッセージ ストリートの印象なども含め、デザイン全般に対する感性評価の研究をしています。
岡嶋 克典 氏 名 岡嶋 克典 [おかじま かつのり]
所 属 横浜国立大学 大学院環境情報研究院
経 歴 平成2年3月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 博士課程修了
平成2年4月 防衛大学校 応用物理学教室 勤務(平成16年3月迄)
平成16年4月 横浜国立大学 大学院環境情報研究院 勤務
現在に至る
著書&
講演実績
著書(抜粋、すべて共著)
「視覚情報処理ハンドブック」:朝倉書店
「色彩用語事典」:東京大学出版会
「光技術総合事典」:オプトロニクス社
「講座 感覚・知覚の科学(第5巻):感覚・知覚実験法」(編):朝倉書店
「視覚心理入門-基礎から応用視覚まで-」:オーム社
「映像情報メディア工学総合大事典」:オーム社
「新編色彩科学ハンドブック(第3版)改訂版」:東京大学出版会
・講演実績(抜粋、他多数)
「知覚画像処理 ~色覚と質感の変換工学~」 、日本光学会2009シンポジウム
「色彩の話・赤いりんごはなぜ赤い!」、足立区生涯学習センター
「視覚と照明の基礎セミナー」、照明学会
「画像・映像エンジニアのための視覚メカニズム・錯視講習会」 、映像情報メ ディア学会
「LED照明の視覚的評価」、日本学術振興会光電相互変換第125委員会研究会
「視覚研究者の考える視認性」、日本産業・労働・交通眼科学会
「高齢者の視覚特性と光・色の見え方」、日本医療福祉設備学会
メッセージ 視覚と情報の立場から学術的にストリートデザインを考察・企画し、日本の活性 化に少しでも寄与したいと考えております。

理事長

酒井 直人 氏 名 酒井 直人 [さかい なおと]
所 属 中野区役所 地域包括ケア推進担当課長
中野区職員勉強会NAS幹事
カイゼン運動の全国組織 K-NET事務局
中野区観光協会ボランティアスタッフ
経 歴 1971年  岐阜県生まれ
1990年  岐阜県立多治見北高校卒
1994年  早稲田大学法学部卒
1996年  早稲田大学法学研究科 民事訴訟法専攻 修士
1996年~ 中野区役所入区
区議会事務局、総務課法規担当、文書管理システム導入担当、財務会計システム導入担当、広報ホームページ、パブリシティ担当、国保運営担当係長、広報課長を経て現職。
2010年に中野区職員勉強会NASを立ち上げ、以来毎月1回開催している。
中野区観光協会では、マップ作成、イベントの企画運営に携わる。

専務理事

立石 理郎 氏 名 立石 理郎 [たていし りお]
所 属
経 歴 法政大学政策創造研究科修了
2010 アントレプレナーシップ論講座優勝
著作 弱者に優しい会社の話(近代セールス社,共著)
地域活性リーダーシップ研究会
メッセージ SD機構の活動を通じて地域を愛するリーダーを増やします!!

理 事

高橋 芳文 氏 名 高橋 芳文 [たかはし よしふみ]
所 属 興和サイン株式会社代表取締役社長
広告景観研究所所長
広告景観研究会主宰
経 歴 1968年生まれ。
法政大学大学院政策創造研究科修士課程修了。政策学修士。
平成25年4月から法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程に在籍。
専門分野は、都市の広告景観。
著書は、『儲かるお店の「すごい!」見せ方』(PHPビジネス新書)等。
NPO法人ストリートデザイン研究機構設立発起人代表。2代目理事長。
平成26年6月に3代目理事長を指名して理事長を退任。
高橋 芳文 氏 名 簡 憲幸 [かん のりゆき]
所 属 元財団法人日本科学振興財団理事。シェイクスピア専門劇団ASCゼネラル・マネージャー。アジア文化サロン「竹林閣」顧問。
経 歴 華僑二世。日本大学芸術学部卒業。中国・台湾などにおける新規事業開発、事業投資などに関してビジネス・コンサルティングを行う。とくに日本ではコニカ、大成建設、サッポロビール、丸紅、大和證券など大手企業の新規事業開発や市場調査などを行う。また東京都や地方自治体、各種企業に対して「企画論」「リーダー論」「組織論」「会議論」「中国文化論」「台湾歴史史観」の専門家として講演を行っている。さらにアートディレクター、プランナー、コピーライターとしても活躍する。 プライベートでは、中国などの文化芸術を支援する彩鳳会の代表として知られる。
著書&
講演実績
著書 「リーダーシップの教科書」
氏 名 大澤 宏之 [おおさわ ひろゆき]
所 属 株式会社 ジュピターテレコム IPPS事業室長 兼 ケーブルTV事業統括副本部長 兼 ソリューション事業部長、つながる中野 ~明日の中野を創る!世代をつなぐ交流会~ 会長、一般社団法人COOL中野推進協議会 理事、FACEBOOKページ 中野ファン 副管理人、中野区観光協会ボランティアスタッフ、新井薬師前駅周辺地区まちづくり協議会 会員
経 歴 1962年  東京都生まれ
1981年  私立開成高校卒
1986年  早稲田大学政治経済学部政治学科卒
1986年~ 国際電信電話株式会社(現KDDI株式会社)入社
2001年以降、ケーブルテレビ事業に従事。2006年以降ジャパンケーブルネット株式会社取締役メディア事業本部長、
常務役員企画本部長、2014年合併に伴いジュピターテレコム株式会社へ。ケーブルTV事業統括副本部長を経て現職。
2013年に地域のNPO法人、地域団体の交流の場として「つながる中野」を設立。爾来、毎月1回の交流会を実施中。
2013年中野の逸品グランプリ全店制覇ラリーチャンピオン(5週間の会期での200店全店制覇は歴代1名のみ)
2014年第1回中野区検定1級中野区ものしり博士号取得(酒井理事長に次ぐ第2位)
メッセージ 俗称「中野一の食いしん坊」、乾杯時の発声は「なかのーーー!大好きーーー!」
メッセージ:嫌なことがあっても、疲れていても、「中野」に着くと元気を取り戻すことができます。そんな「中野」の街への恩返しの意味を込めて、その素晴らしさを多くのみなさんと共有できるように活動していきたいと思います。よろしくお願いします。
高澤 惕 氏 名 高澤 暢 [たかざわ とおる]
所 属 ・フリーランスのITコンサルタント・コーディネーター
・新宿ゴールデン街ショットバー:NESSUN DORMA(ネッスンドルマ)最高経営責任者
・法政大学大学院政策創造研究科坂本光司研究室在籍中(政策修士)
経 歴 法政大学大学院政策創造研究科坂本光司研究室在籍中(政策修士)
法政大学文学部日本文学科卒業
長野県立松本深志高等学校卒業
・アドビシステムズ株式会社
Adobe Photoshop日本語版をはじめとするプロダクトの商品企画やローカライズ(日本語化),テスティングやプレリリースプログラムなど多数の開発プロジェクトリードを担当。
・フリーランスのITコンサルタント・コーディネーター
主に中小企業やまちづくり,商店街の活性化や販売促進を目的としたソーシャルメディアやWebの開発や企画を行っている。
著書&
講演実績
著作:
この会社はなぜモチベーションが高いのか(商業界,共著)
弱者に優しい会社の話(近代セールス社,共著)講演実績:NPOスマートシニアプログラム講師、アントレプレナーシップ論講座などソーシャルメディア、コミュニケーション論など多数
メッセージ 地域活性化やまちづくりに関して、ITを使ってお手伝いできればと考えています。
最近は学生や非営利団体に対してロジカルシンキングをベースにしたプロジェクトにも参画しています。
目の前の問題に対して、解決するためのお手伝いができれば嬉しいです。
よろしくお願いします。
杉山 司 氏 名 杉山 司 [すぎやま つかさ]
所 属 桔梗ICTパートナーズ株式会社 代表取締役CEO
NPO法人 中野コンテンツネットワーク協会 理事
みんなの経済新聞ネットワーク 中野経済新聞 編集長
一般社団法人 中野区観光協会 広報アドバイザー
富絡網絡技術有限公司(上海) 副総経理
工芸美術 日工会 ネットプロモーター
東京商工会議所 中野支部 中野21の会
経 歴 1970328日、寿司屋の亘、美術教師のタカ子の長男として東京都目黒区で生まれる。愛知県豊田市育ち。挙母小学校、崇化館中学校、当時岡崎高校と学校群だった岡崎北高校を経て、山梨大学電気工学科に入学、Ⅲ-Ⅴ族化合物半導体のポテンシャルエネルギー研究とアメフトに没頭する。大学卒業後、現在東証一部上場のSIerであるNSWに入社、経営企画室に配属。ネットビジネス事業の功績を認められ、2007年には史上最年少で営業統括部長に着任。20101月に独立し、桔梗ICTパートナーズ株式会社設立、代表取締役に就任。ネット系事業コンサルティング、コンテンツビジネスやICTによる地域活性化支援、中国(上海)にも拠点を持ち、日本中国間ビジネスエージェントとしても活動中。東京都中野区在住、趣味は芸術、中国語学習、城、武将、家紋、アメフト、つけ麺、育児。
メッセージ 最近、活動の範囲を日本中国間から中野区へシフトしました。
中野経済の発展に貢献し、中野マニアシリーズ10サイト(facebook)や微博(中国版twitter)を操りながら中野文化のレイヤー化や情報発信を推進しています。
千種 芳幸 氏 名 千種 芳幸[チグサ ヨシユキ]
所 属 株式会社 構造計画研究所
NPO法人 中野コンテンツネットワーク
中野区産業振興事業共同体 担当
経 歴 1968年 愛媛県生まれ
1987年 愛媛県西条市立西条高等学校卒
1991年 九州大学土木工学科卒
・株式会社構造計画研究所入社、ニューラルネットワーク、ファジイ、画像処理、複雑系、遺伝的アルゴリズム、景観評価、統計解析、アンケート調査分析、意思決定支援、財務系システム、タグ等様々なシステム開発を担当
・3年前より環境、エネルギーマーケティング室に配属。社内の20部門が持つ、構造、防災、情報、交通、物流、社会工学等の技術を横断的に活用した企画提案を実施中。
メッセージ ・最近、中野愛にめざめつつあります。SD機構や、中野コンテンツネットワーク、産業振興事業共同体の活動を通じて、また、構造計画研究所の持つIT技術を生かして、中野のまちづくりや地域活性化に携わっていきたいと考えています。
岡田洋宜 氏 名 岡田洋宜(おかだ ひろのり)
所 属 SO&CO(エスオーアンドコー)株式会社代表取締役
公益財団法人みんなの夢をかなえる会神奈川支部支部長
北海道フードネットワーク株式会社(非常勤取締役)
株式会社イクスシード創業メンバー
経 歴 1969年大阪府大阪狭山市生まれ、小学校から神奈川県三浦郡葉山町で育つ。
小学校5年から中学校卒業まで、ソ連邦モスクワ日本人学校。
神奈川県立追浜高校卒業、明治学院大学経済学部卒業、勧角証券(現みずほ証券)入社。
中小証券の契約社員として、日本株式のトレーダーを12年、その後飲食店を開業。
その後商社事業を開始。現在に至る。
商社事業では、LED照明の販売・北海道食材の流通・輸出を
横浜調理師専門学校卒業(調理師)
法政大学大学院経営学研究科企業家養成コース(経営学修士)卒業
修理論文「外食産業における多店舗展開に関する研究」
著書「ケーススタディー この商店街に学べ!」(坂本光司研究室&商店街問題等研究会編著)
メッセージ ・誰もが夢を持ち、チャレンジし、夢をかなえ活力ある地域づくりに貢献できればと思います。
山本 祥三 氏 名 山本 祥三 「やまもと よしみつ」
所 属 株式会社 広島屋 (リンクhttp://hiroshimaya.co.jp/ )
中野区観光協会ボランティアスタッフ
経 歴 1976年 中野区生まれ
1992年 中野区立第十中学校卒
紀尾井町福田家にて板前の経験を経て現職。
食の現場での経験を活かそうとフードコーディネーターなどを取得し、食の現場で働く側からの目線を重視した外食産業向けの業務改善・従業員研修・サービス改善・店舗開発などの指導を行う。
中野区観光協会ボランティアスタッフとしての活動は、同協会の発行するマップ作成に初期から携わり、地元の商店街と中野区観光協会の協働イベント「まちなかのバル」を企画運営する。
以降、同イベントの複数回の開催や地域の食に関するイベントを中心に活動している。
メッセージ 地域のつながりの強い中野の街に生まれ、自分を育ててくれた中野の街に少しでも恩返しがしたい!
そんな想いで区民だけでなく来街者も「中野ってなんかイイよね」と思えるような街にするために何ができるかを日々考え、さまざまな活動を通じて、すこしでも多くの人が自分の街にプライドを持てる、そんな仕組みを作り上げられればと思っています。

監 事

豊田 基嗣 氏 名 豊田 基嗣 [とよた もとつぐ]
所 属 公認会計士 豊田公認会計士事務所 代表
経 歴 広島県福山市生まれ。東京大学経済学部卒業。
大手鉄鋼メーカー、大手監査法人を経て、独立。
㈱サニーサイドアップ(ジャスダック)監査役(非常勤)。