4/8開催! シネマ・アクティブ・ラーニング in 中野


active_learning

アクティブ・ラーニング型で映画制作をチームで楽しんでもらいながら、想像力やチーム力を向上させていくワークショップです。

会場 中野区商工会館
住所 東京都中野区新井一丁目9番1号 地図
料金制度 有料イベント
ジャンル ビジネス > コミュニケーション
事務局 特定非営利活動法人ストリートデザイン研究機構 お問合せ
※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません
イベント詳細

「映画を作りながら、自分たちの街の魅力を再発見してもらいたい!」
 映画×アクティブ・ラーニング(主体的で対話的な深い学び)=「シネマ・アクティブ・ラーニング」として、映画制作によるコミュニケーション力の向上を目的としたワークショップを全国で展開している映画監督・古新舜さんがファシリテーションを担当します。
 仲間との協働の大切さを体感していただきながら、世界で一つだけの作品を生み出す機会をご提供致します。映画の観方、物語の作り方、演技の表現の仕方、そして、iPadを持ってチームで撮影・編集をしてもらい、試行錯誤しながら、作品を完成させる喜びと達成感を味わっていただきます。日頃のビジネスでのプレゼンの仕方やアイデアの発想法など、実生活で役立つノウハウが満載のプログラムです。
 さあ、一緒に街に出て、自分たちだけの最高の映画を作ってみましょう!

【日 時】平成29年4月8日(土)
     10:00~17:00(9:30開場)
【場 所】中野区商工会館3階 大会議室(中野区新井1-9-1)
     http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/162000/d002457.html
【参加費】1,000円
【定 員】30名
【主 催】ストリートデザイン研究機構
【申込み】facebookイベントページにて参加を表明してください。キャンセルされる場合は必ずステータスを変更してください。
【問合せ】brahmsnsakai@gmail.com  
 ※少雨決行
 ※完成した映像は公開を予定していますので、ご了承ください。
【facebook】https://www.facebook.com/events/226736167799499/

【講 師】古新 舜(こにい しゅん)
映画監督・コミュニケーションデザイナー
コスモボックス株式会社 代表取締役
聖徳学園中学校・高等学校特任講師
下北沢成徳高等学校特任講師
アクティブラーニング学会会員

早稲田大学理工学部応用物理学科卒業
早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了
デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科修了(DCM修士)

(プロフィール)
 学生時代にいじめや引きこもりを経験。大手予備校物理科講師を10年勤め、現在は映画監督となり、映画を通じてコミュニケーションを育むことをテーマに活動をしている。米国アカデミー賞公認映画祭ショートショートフィルムフェスティバル2年連続入選、山形国際ムービーフェスティバル「部門最高賞」「船越英一郎賞」W受賞、長岡インディーズムービーコンペティション「グランプリ」受賞、いばらきショートフィルム大賞「奨励賞」など、過去の作品でのべ30以上の映画祭で受賞・入賞を果たしている。
 ビジネス面でも、ICTビジネス研究会主催「第3回ビジネスモデル発見&発表会・関東大会」(共催:総務省関東総合通信局)にて「優秀賞」を受賞、クリエイティブとビジネス双方の感性を大切に活動をしている。
 初の長編映画「ノー・ヴォイス」では、捨てられる命ゼロを目指してをテーマに、日本の殺処分の現状と犬猫の命の大切さを描ききり、劇場公開から三年経つ現在でも、各地で上映会が行なわれている。次回作は、屋久島を舞台として、分身ロボット“OriHime”と女子高生との旅を描き、踏み出す勇気の大切さを伝える長編映画・第2弾「あまのがわ」の制作準備中。
 法務省主催の「人権シンポジウム」講演、週刊エコノミスト「問答無用」インタビュー、「『アクティブ・ラーニング』フォーラム2015」登壇などメディア出演や講演会活動を積極的に行うと共に、学生や社会人向けにコミュニケーション力を育む“映画×アクティブ・ラーニング”ワークショップ「シネマ・アクティブ・ラーニング」を全国で展開している。
 次回作は、屋久島を舞台に分身ロボット“OriHime”をモチーフとして、「踏み出す勇気が、自分を変える」をテーマに掲げた長編映画「あまのがわ」の制作準備中。
http://amanogawa-movie.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 五 = 10

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>