【ご案内】5月13日に明治大学中野キャンパスにて中野MIXーUP!を開催します


5月13日に明治大学中野キャンパスにて中野MIXーUP!を開催します

 第4回は、留学生と一緒に中野のグローバル化について考え、留学生、観光客にとって住みやすい、観光しやすい街とは何か議論します。
 議論したあとは、参加者全員で東京音頭を踊り、日本の伝統文化を体感します。
 ぜひ、ふるってご参加ください!

※MIX-UPとはボクシング用語で戦いながら強くなるという意味です。本イベントは中野を愛する地方公務員、会社経営者、会社員、主婦、学生等、様々な立場の人が議論を戦わせる事により、お互いの考えを向上させ、みんなが一致団結して強いまちづくりを目指して前進する為の場として開催致します。

【テーマ】「留学生と考える中野のグローバル化」〜みんなで東京音頭を踊ろう〜
【日 時】5月13日(火) 19時00分–21時00分 
【会 費】一般500円 学生無料
【場 所】明治大学中野キャンパス 307号室
【定 員】先着40名
【主 催】NPO法人 ストリートデザイン研究機構  中野区職員勉強会 NAS

【講師プロフィール】
小笠原 泰(おがさわら やすし)
 明治大学国際日本学部教授 1957年、鎌倉生まれ。東京大学卒、シカゴ大学大学院国際政治経済学修士、同大学院経営学修士。マッキンゼー&カンパニーを経て、アグリメジャーである米国カーギル社ミネアポリス本社入社。ミネアポリス本社、カーギルB.V.(オランダ)、カーギルPLC(イギリス)勤務を経て、NTTデータ経営研究所へ。同社パートナーを経て、2009年4月より現職。 [専門] 社会生態学 [研究領域] 組織文化マネジメント、イノベーションマネジメント、知識経営論、社会システムデザイン論、デジタル社会文化論 主たる著書:『2050 老人大国の現実』『日本型イノベーションのすすめ』 『なんとなく、日本人』『日本的改革の探究』『CNCネットワーク革命』

【東京音頭踊り指導】
鳳蝶美成(アゲハ ビジョウ)
公益財団法人 日本民謡協会 助教師
日本民踊・新舞踊協会
(旧ビクター民踊・舞踊連盟)指導員
日本民踊鳳蝶流 家元師範
6歳より母である石川流教授(当時)石川千桧香に民踊舞踊を習う。
以後高校時代に演劇をはじめ、CM、TV出演と多方面に活躍。日本大学芸術学部卒。

以下、振付・盆踊り指導
テレビ東京 :プリティーリズムレインボーライブ
タモリ倶楽部:真冬の音頭ナイト、レディ音頭

他、個人や団体として
はなまるマーケット、ムジカピッコリーノ、J-WAVE「Hello!World」など多数出演。

以上になります。
皆様のご参加をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 + = 十六